肺炎②

B総合病院で心臓と肝臓のエコー検査をして異常なしだった。心臓の大きさも正常だった。ほっとした。
レントゲン検査をして、呼吸器内科に回された。CT検査を受けて抗生物質を処方された。
間質性肺炎かもしれないと言われた。初めて聞く病名だったのでピンとこなかった。
B総合病院では、処方された薬だけを飲むように指示されたので漢方薬は飲むのをやめた。
だから治ったのである。そのことはその時はわからなかった。
日ごとに回復し、最終的には非定型肺炎という診断だった。

ところが今年の3月にまた熱が出た。前回と同じ症状である。嫌な予感がした。
今度は呼吸器を専門にしているクリニックに言った。
はじめは「風邪でしょう」と言われたが、日ごとにひどくなった。
2回目の受診でレントゲンを撮って抗生物質を処方された。それでも熱が出て悪化し続けた。

ちょうどコロナの非常事態宣言がでる直前だった。時期が悪かった。
3回目の受診でCT検査をした。
医者から「抗生物質が効かないのはおかしい。大きな病院に入院するように」と告げられた。
医者はコロナ感染を疑っていた。仕方がないことだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント