初盆

父が昨年11月に亡くなり今年初盆の法要を行った。父が大好きだったスイカをお供えした。

昨日(8月14日)の夜中近くに、玄関前で虫のなく声とその虫が玄関をドンドンたたく音が聞こえた。
実際に虫が玄関をたたくはずはない。それは玄関に何度も体当たりをしている音だった。
「何の虫だろう?もしかしてお父ちゃん?」と嬉しくなった。
まるで「お父ちゃんやで、帰って来たで」と言っているように聞こえた。
でも真夜中に玄関を開ける勇気はなかったので、しばらくしてから二階の自分の部屋に戻った。
ベランダのところで、またその虫のなく声と窓ガラスをたたく音がする。
そっと近づいてみた。蝉だった。その蝉は静かに声も立てずに長い間そこにいてくれた。
「お父ちゃん、帰ってきてくれたのね。ありがとう。来年も帰ってきてね」と声をかけた。
私が見つめている間は動くことなくじっとそこにいてくれた。

まるで本当に父の魂が蝉に宿っていたような気がする。一年後ではなく頻繁に戻ってきてほしい。

膝骨壊死

昨年の9月にテニスを半年ぶりに再開した時に、左ひざがガクッとなって痛みが続いた。
最初は骨挫傷、その後骨壊死だと言われた。
今月2回目のMRIを撮った。前回と比べてかなり良くなっていて、もう治療する必要はないと言われた。
しかし、自分としてはまだ左ひざの痛みがあり、ジョギングどころか、正座もできない。
しかも同僚にびっこをひいているよ、と言われた。
先生は画像上では問題ないのでまた悪くなったら来てください、と言われた。
「まだ痛みがあるのですが」と私が言うと、先生は筋肉をつけなければならないのでよく歩いてくださいと言われた。
とりあえずホッとした。