ぶどう膜炎

平成18年の春にぶどう膜炎になったことがある。 朝起きるといきなり目が痛くて、赤く充血していた。しかも眼球全体がいたくて、霧視になり、視力の低下も感じた。 これは結膜炎ではないな~といやな予感がして眼科に直行したことを覚えている。 原因はまったくわからなかった。私のぶどう膜炎は、虹彩炎とも言われるそうだ。 リンデロンというステロイドの点眼を続けて、再発もしたけれど、約半年でようやく治ったことを覚えている。 ぶどう膜炎になったことで、よけいに飛蚊症がひどくなってしまった。二度とぶどう膜炎にはなりたくないと思う。
posted by さくら at 22:24Comment(0)

コンタクト検診

コンタクトを購入するために半年ごとの定期検診に行った。 今までは右と左のコンタクトの度数を変えてモノビジョンという方法をしてきた。そうすることによってメガネなく、遠くも近くも見えるようにするのである。 今回、先生は、両眼とも遠くを見えるようにして、老眼鏡を作りましょうか?と提案された。正直なところ迷ってしまった・・・
posted by さくら at 10:55Comment(0)

黄斑上膜 定期検診

左目が見にくくなって、眼科に視野検査を受けに行った。 一緒に右目の眼底検査をして、眼底写真を瞳孔を開いた状態で撮ってもらった。 平成18年に撮ってもらった時と同じ状態で、全く変化は無かった。 黄斑部の真上に膜がはってあるのがよくわかる。 裸眼は両目とも0.05で、矯正は両目とも1.5だった。  右ー3.25 左ー4.0とー0.25の乱視がある。  黄斑上膜があっても、よく見えているので、経過観察となった。 むしろ気になるのは左目で、飛蚊症が強く、見にくい。 でも眼底検査、視野検査とも異常なしとのことだった。
posted by さくら at 13:20Comment(0)

黄斑上膜発見から10年以上

右目が、特発性の黄斑上膜になってから11年が経過した。 特に何も治療はしていない、というか、治療法はないらしい。 唯一の治療法は手術になるが、網膜硝子体の手術のリスクは大きい。それに黄斑上膜は失明に至る病気ではない。 11年の経過を振り返ってみると、近視がかなり進んだ、老眼が進んだ、飛蚊症になった、ということになるが、これは黄斑上膜を患っていなくても、PCの酷使や加齢が原因でなっていた可能性もあるだろう・・・
posted by さくら at 10:26Comment(0)

飛蚊症

最近飛蚊症が酷い。特に左目の調子が悪い。 ただでさえ近視が酷く、老眼、乱視があるというのに・・・ 目の前に黒いものがついてまわるので、視界のさまたげになるばかりでなく、見えない部分があって困ってしまう。 両眼に近視、老眼、乱視があり、左目は飛蚊症、右目は黄斑上膜あり、これからますます目が悪くなると思うと憂鬱だ・・・
posted by さくら at 20:43Comment(0)

黄斑上膜発見のきっかけ

黄斑上膜が分かったきっかけは、もともと左右の目の度数がかなり違うので、よく片方を目隠しして比べていた。ある日左目を隠して右目だけで見ると、視野の中心部がぼやけて見えなかったのだ。何度やっても同じだった。まるで視野の中心部に白い雲が覆っているような感じだった。あわてて眼科に直行したのが最初のいきさつである。
posted by さくら at 16:50Comment(0)

黄斑上膜

10年前の平成11年10月、黄斑上膜という病気になった。聞き慣れない病名でびっくりしたのを覚えている。網膜のいちばん大切な部分である黄斑の病気で、いくつかの病院に行ったのを覚えている。ある医者は私に「この病気は普通はよくおばあさんがなる病気なのですよ。お若いあなたに手術はしたくないですね~」と言われた。まだ30才台だったのでその言葉はショックだった。
posted by さくら at 12:28Comment(0)