いつまで続く偽閉経療法

またリュープリンのワンクールが終了しました。これから半年どうなっていくのか経過を見ます。 今まで何度かリュープリンを打ちましたが、あまり副作用もなく、体調は打った時の方が良かったです。 今回は副作用かもしれないなあと思うことがあります。それは膝の痛みと歯のかみ合わせの不調です。 リュープリンを打ってなくてもそれらの症状が出たかもしれないので本当のところはわかりません。 膝の痛みは今年の最初から、歯のかみ合わせの不調は先月からです。 厄年でもあるし不安な日々を過ごすことになりそうです・・・
posted by さくら at 22:31Comment(0)

今年は還暦の歳

2020年、私は還暦になる。 定年退職の歳になり、長年勤めてきた仕事も終わりになる。 この年でまだリュープリンを継続中である。 リュープリンをしている間は女性ホルモンが20以下になる。 リュープリンをやめて4~5か月くらいすると150~300くらいになる。 主治医の先生によると私みたいな人は初めてだそうだ。 もう祈るような心境である。
posted by さくら at 20:26Comment(0)

60歳目前のリュープリン

リュープリン6回目を終えてから5か月ほどたって、また筋腫が大きくなりお腹が張ってしまった。 昨年の12月のことである。足もむくみ、かなりひどくなった。利尿剤を飲んで体が楽になったが、とてもうんざりした。 肺炎を併発していたことはその時は気づいていなかった。 私はもともと生理前は便秘になったり、尿の出が悪くなり、体がむくむ体質だった。 リュープリンを打ってもらい、生理にもなり、体はとても楽になった。 先生は、もっと前に手術をしてさっさと取っておけばよかったなあ、と言われた。 ほんとうにその通りだと思う・・・
posted by さくら at 20:48Comment(0)

59歳に突入

先月59歳になった。6回目のリュープリンを打ってから3か月が過ぎた。 4か月までは今までも大丈夫だった。5か月目から急にお腹が張ってきて生理になっていた。 今回はどうなるのか?楽観的な先生はもう生理は来ないと思っているし、これで私が完全に閉経すると思っている。 私は生理がくるのかどうかよりも、お腹が張って苦しいことに耐えられないのだ。そして早く次のリュープリンを打ってほしいと願ってしまうのだ。 何よりお年を召した先生が倒れて診察ができなくなったらどうしようと思ってしまう。そうならないことを願うばかりだ。
posted by さくら at 20:14Comment(0)

へこんだお腹

リュープリンは、毎回お腹の左右に交互に打ってもらっている。 1.88の量だが、私には1回目から劇的な効果がある。すぐにお腹がへこむからだ。 先日、仰向けに寝転んでお腹を触診してもらった時に、先生が「本当にお腹がへこんですっきりしたね」と感心したように言われた。 リュープリンを休止したらお腹が膨れ上がり、リュープリン打つとお腹がへこむ、ということを半年ごとに繰り返してきた。 還暦まであと1年ちょっと、この年になると手術は避けたいのだが・・・
posted by さくら at 23:45Comment(0)

58歳と半年

この年で、まだ生理があるためリュープリンをしている。無排卵月経の生理である。 リュープリンを打ってもらって体がすっきりした。体重も元に戻った。食欲もでてたくさん食べる。体も軽い。リュープリンの副作用は、以前はとてもひどかったのに、今はリュープリンをしてもらった方が体調が良い。 それほど筋腫が大きくて圧迫されているのだ。女性ホルモンが戻ると苦しくて体もむくむ。 ほとんどの人がこの年齢になるまでに、さっさと手術していると思うので、私のような経験をしている人はほとんどいないと思う。 巨大筋腫を持った人が、60歳近くになっても手術しなければ、どうなっていくかは参考になるかもしれないが、早いうちにさっさと手術してとってしまうことをお勧めします!
posted by さくら at 23:13Comment(0)

ディナゲストで体重増加

ディナゲストを1日1錠ずつ服用することから始まった。 だんだんお腹の張りはひどくなり、体重が4kgほど増加した。 これがディナゲストの副作用なのか、生理前のお腹の張りのためなのかはわからない。 私は両方が原因であると思っている。 体重が増えると体を動かすのもしんどいものだ。そして悪循環になる。 先生に相談して、ディナゲストの量を1日2錠朝と晩に飲むことになった。 体調が良くなる感じはなく、私はひたすら生理が来ることを祈っていた。 生理が来ると相当な量の出血があり、体重が一気に減ることを経験しているからだ。 体がとても軽くなり、子宮内膜も厚くならないだろう、と考えられるからだ。 とにかく苦しいことを先生にお話しして、再度リュープリンを打ってもらった・・・
posted by さくら at 22:20Comment(0)

高い女性ホルモン値

リュープリンを打ってもらってから4か月までは順調だった。 その後前回と同じで、筋腫があっという間に成長して、すぐに腹腔内を占領し、胃まで圧迫するのに1週間くらいだった。 当然女性ホルモンの値が大きくなっているだろうと予想して、先生の所へ相談に行った。 とりあえず血液検査をして、結果を聞いた。FSH 3.63、エストラジオール 337 だった。 先生は、「あなたのような人は初めてやなあ、手術が一番いいけどねえ」 と言われた。 それから、「黄体ホルモン剤で様子をみましょう」と言われた。ディナゲストを一か月試すことにした。「今の段階で生理が来ていないんだから、生理が来なくなったことを閉経と言うこともできる」と言われた。 私としては、女性ホルモンの値は高いまま、生理が来ないのはとても不安である。内膜が増殖して、子宮体がんになる可能性が高くなる。本当に怖いなあと思った。
posted by さくら at 21:14Comment(0)

リュープリン後3か月目

最後のリュープリン6回目が終ってから、3か月が経過。 今のところ順調である。お腹はへこんだままだ。体全体は太ってきているが、お腹はへこんでいる。前回も4か月目までは問題なかった。今回も4か月目以降どうなるか、だろう。 お世話になっているT産婦人科に行き、経過を報告。「まだ血液検査は必要ないでしょう」と言われた。先生は、「もう閉経しているでしょう」と楽観的に言われた。今までと同じ、桂枝茯苓丸をもらって、来年また経過報告をすることになった。 とりあえず年末年始は快適に過ごせそうだ。
posted by さくら at 10:45Comment(0)

もうすぐ師走

リュープリンの6回目を打ってから、2か月が過ぎた。今のところ問題はない。これからである。あと4か月辛抱はできるのか? 主治医は楽観的で、もう閉経すると思っているようだが、私は楽観的にはなれない。例外はどこにでもあるし、60歳までは閉経しない人もいるだろう。 年末年始を無事に乗り越えられることを祈りたい!
posted by さくら at 23:11Comment(0)

6回目のリュープリンを終えて

先月58歳になった。先月にリュープリン6回目が終った。 また今までのように3~4か月でおなかがパンパンに膨れて苦しくなるのだろうか? ドキドキしながら見守るしかない。本当によくここまで我慢して持ちこたえたものだ。 胸の乳房が痛み、お腹がスイカのように膨らみ、足もむくんで苦しむだけならまだいい。それが原因で血栓ができたり、エコノミー症候群になったら最悪だ。いつもその不安と一緒だった。 本当にこんな事態がわかっていたら、とっくの昔に手術を選択していた・・・
posted by さくら at 22:01Comment(0)

2回目の血液検査

2月24日の血液検査の結果、エストロゲンは10以下だった。 4月7日の血液検査の結果は、エストロゲン309、FSH4.97、CA19-9は3、CA125は15だった。エストロゲンが300以上だなんて、愕然としてしまった。 とにかく、もう一度リュープリンを打ってもらわないと、足がむくみ、尿は出にくく、歩くのも足が突っ張る状態だった。 先生は内診やがん検診などをしないことには、リュープリンはできないと言われた。 とりあえずリュープリンの1回目を打ってもらえた。これからどうなるのだろう?
posted by さくら at 20:22Comment(0)

失望感

血液検査の結果(2月下旬の数値)は、エストロゲンが10以下、FSHが16、8だった。先生は、やっと閉経の時がきたように話された。たった1週間前のことだ。 それが、この1週間で、急に筋腫が大きくなり始めた。むくむくと伸びるタケノコのように、威勢よく元気よく、日に日に大きくなっていく。 ため息だけが出る。そして苦しい。 先生に申し訳ない気にもなる。もう一度血液検査をお願いしてみよう。4月の数値がとうなったかみて、考えてみよう。 失望感だけが残った。・・・
posted by さくら at 21:30Comment(0)

ついに閉経?

現在、57歳と半年がすぎた。今までリュープリンは何クール行ったのだろうか?きちんと記録しておけば良かった。 最後にリュープリンを打ってもらってから、すでに4か月が過ぎた。 今までは6回目を打ってから、3か月後には、筋腫がムクムクとよみがえり、妊婦さんのように、仰向けに寝ても、お腹がスイカのように飛び出て、寝るのも苦しかった。 今回は、3か月たってもその症状はなく、4か月後の今もないのだ。とにかく膨満感がなければ、私にとっては快適なのだ。 近いうちに血液検査の結果を聞きに産婦人科に行くが、とりあえず様子見ができそうだ。 4か月経ってもお腹が苦しくなくて、嬉しい!
posted by さくら at 10:12Comment(0)

待ち遠しい閉経

また年をとり、今日で57歳になった。 あれからまた、あすかのリュープリンを打ってもらっている。 とりあえずお腹の張りと膨満感がなくなり、落ち着いている。 リュープリンを打ってもらっている今の方がよほど体調が良い。 もし、今の状態がわかっていて、過去に戻れるなら、私は確実に次の選択をする。 一回目に巨大筋腫になった43歳の時点で、全摘をする。もし、43歳の時が核出手術なら、再発した時点で52歳ころまでには、全摘をする。 一回目の巨大筋腫発見が40歳を超えていて、子供を産む可能性がないなら、全摘がベストな選択だと思う。全摘でも筋腫を小さくして、腹腔鏡でできるだろう。 現在、母は中心栄養静脈をして、入院中だ。父の体調も悪く、いつどうなるかわからない。 このリュープリンの後で、完全に閉経になることを切に願っている。

生理の大量出血

6月24日から、生理になり、その大量さと異常さに驚いている。 早速、鉄分のサプリを飲んだ。 40cmのナプキンと生理用の紙パンツをしても、すぐに取り換えなければならない。 寝る時は防水シーツをして寝る。 こんなに大量ではまだまだ閉経しないように思う。私の身体はどうなっているのか? これからお腹の張りはましになるだろう。 同じことを毎年繰り返しているようだが、実際は、毎年確実に悪化しているのである。
posted by さくら at 20:57Comment(0)

リュープリン6回目から約3か月

リュープリン注射の6回目を3月上旬に打ってもらってから、約3か月が過ぎようとしている。 2、3日前から、急に子宮が大きくなり、腹腔内を筋腫と子宮で埋め尽くしずっしりと重い。 眠っていた火山が突然爆発するような威勢だ。妊娠8か月くらいだろうか? 尿の出も悪くなり、体がむくみだす。また悪循環が始まり、あの苦しみを味わうことになる。 現在、56歳、9月に57歳になる。いつまで女性ホルモンが出るのか? あの43歳の時に、筋腫の核出ではなくて、全摘していたら、今はどんなにハッピーだっただろう。当時は、子宮をとることなど想像もできないほと嫌なことだった。 現在、父も母も要介護状態である。あの時、じっくりと将来のことを考えるべきだった・・・

生理はいつまで続く?

リュープリンを、10月、11月、12月、1月の初旬に打ってもらった。2月の初旬は5回目になる。早いものだが、体調はとても良い。不思議なものである。 リュープリンを打っていない時のほうがはるかに調子が悪かった。体はむくんでくるし、お腹は妊婦さんのようになるからだ。 3月で注射が終わりになるかと思うと、つらくなる。今年は57歳になる。なんとか閉経までもちこせないものか、と願ってしまう。 私とほぼ同じ年の同僚は、1年半後に生理が復活したらしい。私の友達も2年後に生理が復活したと言っていた。 私の同僚は、婦人科に行って、体癌検診を受けた結果、何もなかったらしい。しかも検査は全然痛くなかったらしい。ベテランのお医者さまだなあ、と思った。 そのお医者さまによると、60歳くらいまでの出血は生理の可能性もあるが、60歳を過ぎると体癌の可能性が高くなるらしい。(あくまでそのお医者様の見解なので、すべての人にあてはまらないことをご理解下さい) 閉経状態になっている今、体調は良いが、お肌はかさかさ、髪はばりばり、手の血管は浮き出ている、物忘れがひどい、などの症状はでている・・・
posted by さくら at 11:34Comment(0)

二回目のリュープリン

10月3日に生理になり、10月8日にリュープリン1回目。 フレアーアップは10月19日から一週間。 その後お腹の圧迫感は劇的にましになった。 11月7日にリュープリン2回目。 体調は本当によくなった。尿もたくさん出る。おかげでやせた。 これから半年はなんとかなるだろうけれど、その後はどうしよう。 現在56歳。今までだらだらと待ち続けた。 子宮筋腫だけなら、と思いつつも、あまりにも大きい筋腫が恐ろしい。
posted by さくら at 23:02Comment(0)

またしてもリュープリン再開

昨年10月にリュープリンを開始して、今年の3月下旬に終了した。 4か月後の、7月中旬に軽い生理がきて、もうすぐ閉経かな、と思ったけれど、8月中旬は大量の生理、10月の初旬に、また大量の生理。10月は生理が終っても、筋腫は大きく、仰向けに寝ても、大きなスイカがドカーンと飛び出ているような状態だ。 主治医の先生は信じられないと言った表情だった。筋腫持ちは閉経が遅いと、私が言ってもあまり納得してもらえなかった。 セカンドオピニオンをする気にはあまりなれない。一度目の手術から、もう13年になり、その間、他の医院でも診てもらったからだ。そしておそらく言われることは同じだろう・・・それは手術をしたほうがいいよ、という言葉である。 母は特養にいるとしても、父を在宅で介護している状況で手術は無理だ。父はショートステイさえも嫌がる。何も不安がなくても、私の手術の付き添いにも困る状況である。本当に綱渡り状態だ。とにかくもう一度リュープリンを再開することにした・・・
posted by さくら at 12:35Comment(0)

偽閉経中止後3回目の生理

偽閉経療法をやめてから、3回目の生理が10月3日に突然来た。 今日は2日目で、前回と同じく驚くほどの大量の経血だった。 今日仕事場で、椅子に座っていると、1時間くらいで、椅子が赤く汚れてしまい、立った時にびっくりしてしまった。誰にも気づかれずに、着替えをした (ノД`)・゜・。 あれほどパンツ形の使い捨ての生理ショーツと生理綿をして、スパッツまで、はいていたのに・・・黒のスカートにしておいてよかった・・・こんなに出血して、よくふらふらせずに立っていられるなあ、と感心している。 経血したおかげで、ずいぶんと体はすっきりして、動きやすくなり、お腹もはりがましになった。 先月56歳になったが、閉経への道のりはまだ遠いのか・・・
posted by さくら at 22:59Comment(0)

偽閉経中止後2回目の生理

1回目は7月11日から5日間、毎日少量で終わってしまった。 2回目は8月18日に突然始まった。今回も少量を期待していたが、2日目の今日、夜中にシーツを汚してしまい、大量出血になった。大変がっかりした。そのうえ、車を運転した後、運転席の座席まで汚してしまった。もうびっくりである。 もうすぐ56歳になる私が、いまだに生理が大量出血である。この生理が排卵の起こっていない、無排卵出血であることは確かである。一応基礎体温を測っているから・・・
posted by さくら at 10:37Comment(0)

生理?不正出血?

リュープリンの偽閉経療法を終えてから、いつものように2か月半ほどで、お腹が苦しくなったので、主治医に相談した。主治医は、再度のリュープリンは、まだ開始できないと言われ、しっかりと漢方の桂枝茯苓丸を飲むように言われた。 そうしているうちに、生理(?)になり、5日間ほど続いて、量も少なく終わってしまった。過多月経で7~10日続いていた、今までとは明らかに違う。それ以降、お腹の張りも少なくなり、苦しいと思わなくなったのである。来月の生理はどうなるのだろうか?
posted by さくら at 21:58Comment(0)

圧迫感の増加

私の子宮筋腫は年々悪くなっている。偽閉経療法をしている時だけが、体調が良い。本当は偽閉経療法をすると、副作用に悩まされるはずなのに、そのことよりも、筋腫の膨満感や圧迫感の方がとても苦しいのである。それだけでなく、頻尿になり、トイレに行くと、少しだけしかでなかったり、残尿感がある。こんなことが続くのはよくないだろう。 今は母と父のことがあるので、手術はできないと思ってしまうけれど、こんな時、後押ししてくれる誰かがいてほしいなあ、と思う。
posted by さくら at 22:46Comment(0)

その後の経過

あれから介護や仕事のことで、てんやわんやしながら過ぎ去ってしまった。 主治医は私に、「そんなに苦しいのならとにかく、もう一度偽閉経療法をしてみたらどうか、リュープリンを打っていても手術はできるからね。」と提案してくれた。 その結果、おなかはへこんで、すっきりした。 結局、手術は先送りとなったのである・・・
posted by さくら at 21:58Comment(0)

卵巣のこと

手術をすることについて先生に相談したら、その場合は卵巣も取ったほうが良いと言われた。 卵巣は残すつもりでいたので、びっくりした。先生は卵巣を残すと、腫瘍ができる可能性がある、と言われた。確かにその通りだと思うし、実際にそうなるともっと大変なことになるだろう。 手術すると、2回目の開腹になってしまう。先生は、手術については私が決めなさい、と言われた。今までもうすぐ閉経するから、と言って待ってきたけれど、この年でも閉経しない人は、けっこういるのだなあ、と今、実感している。
posted by さくら at 09:48Comment(0)

やはり甘かった

あれから2週間、たったの2週間で、おなかはもとの巨大筋腫になってしまった。実際はこの1週間である。まるでたけのこのように、ニョキニョキと急成長してしまった。いまさらかもしれないが、驚いてしまった。この巨大筋腫の張りと圧迫感がまた私を苦しめている。これらからのことを主治医とよく相談しよう。母の入院のこともあり、困ってしまう・・・
posted by さくら at 23:14Comment(0)

スプレキュア6回目から2か月経過

タイトルどおり、偽閉経療法を終えて2か月が経った。 嬉しいことにおなかはまだ張ってこない。今までなかったことだ。 もしかするとこのまま本当に閉経するかもしれない。 時々ホットフラッシュがあるように感じるし、もう少し様子をみよう。
posted by さくら at 22:00Comment(0)

スプレキュア6回目から一か月

スプレキュア6回目を8月5日に打ってもらい、今日、一か月後の診察に行った。 久しぶりに内診をされた。やはり嫌なものである。 経腟エコーは私には痛いものだ。「痛い」と思わず言ってしまう。 先生は、「今は、筋腫も6cm程になっているね、平成25年は11cmだったのに」と言われて、正直、驚いた。 2年前は筋腫だけで15cmはあると思っていたし、今も10cmくらいだと思っていたからだ。 これから女性ホルモンが復活してまた大きくなると思うが、これ以上偽閉経療法をしてもらえなかったらどうしよう・・・・ 今月、私は55歳になる。巨大筋腫といえども、閉経してもおかしくない年だ。
posted by さくら at 20:31Comment(0)

スプレキュア4、5回目

スプレキュア4回目は6月9日、5回目は7月7日に打ってもらった。 スプレキュアは副作用がとても少ないように思える。 筋腫はあまり小さくなっていないので、筋腫がしっかりあるのはわかる。 圧迫感がないので苦しくないのがとても嬉しい。
posted by さくら at 18:20Comment(0)