痩せた?

仕事の関係で、数年程あっていない人たちから「痩せたね」とか「痩せたんじゃない?」と言われて戸惑っている。 ほとんどの人から必ずそう言われるからだ。それはけっして良い意味ではなく、やつれたという意味だそうだ。しかし自分では全く自覚がない・・・ これはホルモン療法と関係があるのか、または左右の下の親不知を抜いたからなのか、どちらの影響だろう?どちらにしても老化も関係しているだろう・・・
posted by さくら at 21:06Comment(0)

親不知抜歯について

今月8日に生理がきて、毎月順調に生理がきている。しかし筋腫の手術のことを考えるのは一時中断状態である。 2年前の50歳を目前に初めて親不知を抜歯(左下)、そして今年50歳を過ぎてからまた親不知を抜歯(右下)。こんな年齢になってから初めて親不知を抜歯した人はいるのだろうか・・・前回も今回も生理2日目の親不知の抜歯となった。最悪だ・・・ 残りの上の親不知(左右とも)は生えていないが、しっかりとレントゲンに映っている。生えていないので、そのまま放置している。歳をとってから、生えてくるとどうなるのだろう。 骨粗鬆と歯は大いに関係があるらしい。私の体力だけでなく、骨も老化しているから、かなり大変な状態になるだろう・・・
posted by さくら at 01:31Comment(0)

親不知右下抜歯

平成22年1月に親不知左下を抜歯した。とにかく歯肉が痛んで我慢が出来なかった。抜歯すると膿がたくさんでてきた。あの時は、左側の頭痛と喉の痛みは親不知のせいだと直感して、歯医者に行ったことを覚えている。 そして2年後の平成24年7月に右下の親不知を抜歯した。約一週間前のことである。右下は痛みもなかったのだが、右上の奥歯の詰め直しをしてから、調子が悪くなった。両方の歯で右の頬の内側を噛んでしまうのである。もう頬が痛くて痛くてたまらなかった。こんなことを繰り返していると、頬に刺激を与えて癌になると直感し、親不知を抜歯することにした。こんなことなら、右上の奥歯の詰め直しはしなければよかったなあ、と後悔した。 アラフィフになってから、親不知を2本も抜くことになり、体力もないのに、とてもしんどい。右下の親不知を抜いたところはまだまだ痛みが残っている・・・
posted by さくら at 19:30Comment(0)

親不知抜歯一ヶ月

さすがに一ヶ月以上経つと、痛みもなくなり、何も感じなくなって嬉しい。穴はふさがってはいないけど、気にはならない。なんだか親不知を抜く前よりも、元気になったように感じるのがうれしい。
posted by さくら at 21:17Comment(0)

親不知抜歯後3週間

まだ鈍痛が続き、かみ合わせも不安定である。相変わらず憂鬱な日々だ。 しかも抜歯後の穴が大きく、食べ物が詰まる。 もう歯医者には行かなくてもいいらしく、歯間ブラシで掃除している日々が続いている・・・
posted by さくら at 21:20Comment(0)

親不知あなどるなかれ

二週間前に、左下の親不知の歯肉が痛み、歯医者に行った。左下の親不知が痛んだのは、初めてだった。歯は約三分の二が歯肉に埋まっていたが、虫歯にはなっていなかった。歯医者は「取っちゃいましょう」とあっさりといって、その日に抜歯。 二週間経った今も、歯肉が痛い。抜歯したのに何でだろう?しかも抜歯の影響でかみ合わせも不安定になってしまった。憂鬱な日々が続いている・・・
posted by さくら at 18:32Comment(0)