肺炎③

A総合病院での初日は39度まで熱が出た。
コロナとマイコプラズマとインフルエンザの検査をした。すべて陰性だった。
A病院で、K先生に今飲んでいるすべての薬、サプリや漢方薬の名前をたずねられた。
私が飲んでいる漢方薬の名前をだすと、「その漢方薬が原因の可能性が高いですね。」と言われた。

私は子宮筋腫の開腹手術をして以来、便秘を防ぐために酸化マグネシウムを飲んできた。
漢方薬の方が効き目が穏やかで安心だと思って、昨年便秘に効く漢方薬を内科で処方してもらった。

その漢方薬は「オウゴン」や「カンゾウ」という生薬を含んでいる。
たまたま私の体には合わずにアレルギー反応を起こしてしまったのだろう。
副作用の頻度は大変稀だそうだがその中の1人になってしまった。

確かにそうである。飲み始めたのが令和元年10月頃だ。
12月に肺炎になりその後やめていたが、また2月ごろから飲み始めていた。

令和2年7月にA病院で再診し、漢方薬は飲んでいないことを確認された。
レントゲンも正常で肺炎も完治していた。
K先生から、「これから受診する病院では、その漢方薬を飲んで肺炎になったことを言うように」と言われた。
原因を見つけ出してくれたK先生にはとても感謝している。
そうでなければ、また飲み続けて肺炎になっていたことだろう。恐ろしいことだ・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント