本年度のおみくじと運

元旦(昨日)に地元ではよく知られているお寺に、一人初詣に行った。 運動がてら自転車で行き(約15分)、境内までは往復2kmの道のりを歩いた。 ほとんどの人が連れと一緒で、歩きながら孤独感を感じた。 お参りした後、おみくじを引いたら凶だった。びっくりしてしまった。 というのも今までの長い人生で、一度も凶を引いたことがなかったからだ。 気が悪くなったので、もう一度おみくじを引いた。そうしたら、また凶がでたのだ。 さらに気がめいり、もう一度トライした。あろうことか3度目も凶だったのである。 こんな人いないのではないのか?よほど今年は悪いことが起きるのだろうと思った。 気を取り直して、凶以外が出るまで頑張ることにした。 さすがに4度目は吉だった。どっと疲れてしまった。 今年は心しておこう・・・・・
posted by さくら at 21:58Comment(0)

手術時の寂しい思い出

最初の手術をしたのは43歳の時なので、もう10年以上が経過した。 ふと手術をした時の寂しい思い出がよみがえってきた。 わりと親しくしていた友人が、正職員として働いていたので、お見舞いに来れなかったことは仕方がないことだと思っていた。 私が、退院して元気になった時に、彼女は、「全快祝いをしよう」と言って、私にランチをおごってくれた。その時に病院の写真を見せたら、「これは特別室なの?それならお見舞いに行けばよかった」と言われて、ショックを受けたことを、思い出してしまった。 4人部屋だろうと、特別室だろうと、関係がないのではないのか、と思うと悲しくなった。
posted by さくら at 14:07Comment(0)

手術の付き添い

全身麻酔で手術をする時、困ることがある・・・ それは、手術中は付き添い(立ち会い)の人が必要だと言われることだ。 こんな時は、お一人様はどうしているのだろう? 私のために、動いてくれる友人や知人はいないだろうと思ってしまう・・・
posted by さくら at 21:12Comment(0)